ショウサンショウウオの投資部屋

ブログ初心者ですが、少しずつ記事を積み重ねて皆様のお役に立てる情報を提供できればと思っています。

株式会社ダイイチの期末決算について

目次

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。 今回は「株式会社ダイイチの期末決算」についての記事です。shousanshouuoは、株式会社ダイイチの末席株主です。

株式会社ダイイチとは


www.youtube.com

北海道で食料品主体のスーパーマーケットを21店舗展開している企業です。
北海道のスーパーマーケットというと、アークスやイオン北海道等が大きなライバルですが、同社は商品の品質や、お店づくりにこだわりをもっており、ファンを獲得しています。
同社は1958年に、帯広市にて北海道で初となるセルフサービスの店を創業しました。それ以来、帯広、旭川、札幌地区でスーパーマーケットを展開しています。
旭川市への出店を果たしたのは1963年の事です。
その後、1991年には商号を現在の「株式会社ダイイチ」へと変更しています。
札幌市への進出は比較的最近の2004年の事だった様ですね。同年にはジャスダック証券取引所へ株式上場を果たしています。
2017年からは、移動スーパーの「とくし丸」を開業しており、帯広、旭川、札幌で展開しています。「とくし丸」は、軽トラックを利用した移動スーパーで、商品を積み込んだ状態でお客様のお宅へ1-2回/週伺うというシステムになっています。注文ではないので、その日の品物によって購入品を選べるという事と、買わなくても良いという点が利用者側としての利点でしょうか。
この「とくし丸」地方では買い物に不自由な高齢者等の生活を支えるインフラとなっています。北海道で車を持たない、または運転が難しい、という方々にとっては本当に助かるサービスではないでしょうか。実際には、地方自治体と見守り協定を締結しており、地域の高齢者の見守りを行う役目も果たしています。
9月末時点で、とくし丸は13号車まで増えている様です。
2013年には、イトーヨーカ堂との業務・資本提携を行っており、セブンプレミアム商品がダイイチの店頭では手に入る様ですね。現在、イトーヨーカ堂はダイイチの株式30.03%を保有する筆頭株主ですが、今のところダイイチの独立路線は保たれている様です。

株式会社ダイイチの決算

本日は、そんな株式会社ダイイチの決算短信がリリースされていました。
早速、内容を確認してみましょう。

売上高 440.15億円 (前年度比 +3.3%)
営業利益 19.08億円 (前年度比 +6.6%)
経常利益 19.29億円 (前年度比 +6.7%)
当期純利益 12.57億円 (前年度比 +7.6%)

となっており、増収増益の結果でした。売上高は、昨年度・一昨年度と比較して右肩上がりとなっています。
営業利益率は、4.33%となりますね。
2Q末時点での、同社の自己資本比率は65.4%と、昨年よりも0.8%上昇しています。

今会計年度では、合計5店舗のリニューアルを行っており店舗の活性化を図っています。なお、経営効率化のために帯広地区で1店舗の閉店を行っていますが、11月中に札幌へ新店舗(平岸店)出店が予定されている様です。
同社店舗では、客単価が2,249円⇒2,496円と、昨年度よりも100円以上アップしており、1人当たりの買い上げ点数も11.42⇒11.99へとアップしています。
同社が重視しているお店づくりが、きちんとお客さんに支持されているのですね。

株式会社ダイイチのセグメント別業績

同社はスーパーマーケットの単一セグメントのみですので開示はありませんでした。
代わりに、地域別の売上高を掲載しておきます。

帯広ブロック 193.11億円 (前年度比 +3.2%)
旭川ブロック 130.70億円 (前年度比 +1.4%)
札幌ブロック 116.28億円 (前年度比 +5.8%)

株式会社ダイイチの業績予想

同社の時期業績予想ですが、

売上高 458.89億円 (前年度比 +4.3%)
営業利益 18.07億円 (前年度比 -5.3%)
経常利益 18.06億円 (前年度比 -6.3%)
当期純利益 11.79億円 (前年度比 -6.2%)

を見込んでいます。
札幌での新店舗開業に伴って売上高増加を見込んでいる一方で、開業に伴う費用負担も織り込まれているという事でしょうか。比較的堅実な業績予想ではないかと考えます。

株式会社ダイイチの配当利回り

本日、同社の終値は865円でした。
また、同社は次期の配当予想を20円としていますので、

予想配当利回り=20/865≒2.31%

という事になりますね。
ただし、同社は今年・昨年と続けて増配を発表していましたので、来年も21-22円への増配を期待していても良いのではないか、と思っています。

株式会社ダイイチの株主優待

同社は株主優待制度を導入しています。毎年9月30日現在の株主名簿に記載された株主に対して、100株以上で優待品がいただけます。
ちなみに、100~499株の場合では、1,000円分のVJAギフトカードがもらえます。北海道在住でない方にとっても利用可能であり、とてもありがたいですね。
なお、1,000株以上を保有する道民の方は自社商品券(お釣りが出るそうです!!)も選択する事ができる様です。
仮に100株の株主となった場合は、

予想配当+優待利回り=20+10/865≒3.47%

という計算になり、比較的良い水準ではないかと考えます。

まとめ

株式会社ダイイチは、北海道で食料品をメインとしたスーパーマーケットを21店舗展開している企業です。同社は、北海道のマーケットでは大きなプレイヤーではありませんが、しっかりとした店づくりや、とくし丸を通じて徐々に売上高を伸長させています。
今月中に札幌地区へ平岸店のオープンが予定されており、次年度決算も比較的堅調な業績を期待できるのではないかと考えています。
今後も、末席株主として同社を応援していきたいと思っています。

shousanshouuoのブログをご覧頂き、ありがとうございました。 またのお越しをお待ちしております。
shousanshouuo