ショウサンショウウオの投資部屋

ブログ初心者ですが、少しずつ記事を積み重ねて皆様のお役に立てる情報を提供できればと思っています。

パレモHD(2778) 2023年2月期中間決算発表【営業利益4.22億円、純利益4.61億円と黒字転換達成】

目次

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
パレモ・ホールディングス株式会社(2778)をご存じでしょうか?
元々はアピタ・ユニー系列のアパレル企業だったのですが、現在はillusie300という300円均一ショップの売上がどんどん伸びている企業です。
shousanshouuoは、パレモ・ホールディングス株式会社(2778)の末席株主です。

今回はパレモHD(2778) 2023年2月期中間決算発表【営業利益4.22億円、純利益4.61億円と黒字転換達成】」についての記事です。

 

まとめ


www.youtube.com

パレモ・ホールディングス株式会社(2778)は、東京証券取引所スタンダード市場名古屋証券取引所メイン市場へと上場している、愛知県の企業で、旧ユニー系のアパレル企業です。

現在は事業再構築に取り組んでおり、アパレル店舗はかなりの退店を続けています。

その一方で雑貨事業は比較的好調に推移しているため、全社売上高の縮小等は目立っていない状況です。

2023年2月期の中間決算でも営業利益4.22億円、経常利益4.86億円、純利益4.61億円を計上する事が出来ており、
利益剰余金のマイナスが解消されて復配、優待再開になる事を期待しながら、今後も末席株主として同社を応援していきたいと思っています。

パレモ・ホールディングス株式会社(2778)とは

パレモ・ホールディングス株式会社(2778)は、
東京証券取引所スタンダード市場名古屋証券取引所メイン市場へと上場している愛知県の企業です。

中間期末時点ではアパレル店舗を166店舗雑貨店舗を152店舗複合店舗を3店舗運営していましたが、先日発表となった月次報告ではさらに17店舗を退店していましたので合計店舗数は304店舗となっています。
1年前の店舗数は380店舗でしたので、退店ペースは緩めていない事が分かります。
中期経営計画では、2023年2月期末には、アパレル店舗を135店舗まで減少させる見通しとなっていましたので、大量退店もそのうち一服となる可能性がありますね。

同社の歴史

同社の歴史や、中期経営計画に関しては、当ブログの以下の記事に記載していますので宜しければそちらもご参照下さい。

 

shousanshouuo.hatenablog.com

パレモ・ホールディングス株式会社(2778)の2023年2月期中間決算


www.youtube.com

昨日、同社からは2023年2月期第二四半期決算のリリースがありました。
数値を確認しておきましょう。

売上高               92.54億円 (前年同期比 +7.7%)
営業利益             4.22億円 (前年同期は -3.11億円)
経常利益             4.86億円 (前年同期は -3.17億円)
親会社株主に帰属する四半期純利益 4.61億円 (前年同期は -5.06億円)

となっていました。
増収増益で黒字転換達成という結果です。

営業利益率は4.57%です。
そして2Q末時点での自己資本比率は12.3%と、前期から8.1%改善を認めています。

また、棚卸資産回転期間を計算すると、前期よりも3日ほど短縮しているため商品の販売状況は比較的堅調なのではないかと思います。

ただ、今回の決算短信で気になるのは

  • 営業キャッシュフローは、引き続きマイナスであること
  • 差入保証金の回収による収入が5.5億円も計上されていること

です。

差入保証金の回収による収入は、退店が続いているうちはまだ期待できると思うのですが、いつかはあてに出来なくなる資金源です。
現預金が25.2億円あるので、今の苦しい時期を乗り切れれば大丈夫なのかもしれませんが・・・。

パレモ・ホールディングス株式会社(2778)のセグメント別業績

同社のセグメント別業績は、決算短信に記載がなかったのですが、
品目別売上高状況は記載がありました。

  • アパレル合計 44.80億円 (構成比 48.4%、前期比 -9.1%)
  • 雑貨合計        45.08億円 (構成比 48.7%、前期比 +34.1%)
  • FC収入等          2.65億円 (構成比 2.9%、前期比 -14.1%)

となっています。

アパレル店舗は前期から67店舗減少した一方で、
雑貨店舗は業態転換も含め8店舗の純増となっており、
同社における雑貨の存在感は非常に高いものになっています。

今後は、収益改善に向けて大株主である西松屋チェーン(7545)との協業も含めて更なるアクションを期待したいところです。

パレモ・ホールディングス株式会社(2778)の業績予想・進捗率

同社の通期業績予想と、2Q末時点での進捗率は以下の様になっています。

売上高              174.00億円 (前年同期比 -2.8%、進捗率 53.18%)
営業利益            4.50億円 (前年同期は -7.09億円、進捗率 93.78%)
経常利益            5.00億円 (前年同期は -6.74億円、進捗率 97.20%)
親会社株主に帰属する当期純利益 4.90億円 (前年同期は -13.93億円、進捗率 94.08%)

アパレル店舗は、大量閉店にも関わらず売上高はほぼ昨年並みを維持するという予想になっています。

ちょっと強気かな、と思いつつも現在のペースでの営業状況が継続するのであれば、不思議と達成可能そうな数値が並んでいる様に見えますね。

中でも、利益水準に関しては十分に上振れが期待出来そうです。

パレモ・ホールディングス株式会社(2778)の配当利回り

同社は、現在業績の早期回復に向けて事業の再構築を推進している真っ最中です。

そのため、今期の配当予想は、残念ながらゼロ円/株となっています。

利益剰余金が、中間期決算時点でマイナス12.12億円でしたので
こちらの欠損が解消されるまでは復配というのは難しそうです。
業績の回復を気長に待ちたいと思います。

パレモ・ホールディングス株式会社(2778)の株主優待

同社は、かつて株主優待制度を導入していましたが2022/6/28に

株主優待制度の一時休止に関するお知らせ」

がリリースされており、現在は凍結状態となっています。

 

ちなみに、それまでの優待内容ですが、
2月20日時点で300株以上の株主に対して、

1,000円分のQUOカードを贈呈

するというもので、同社の株価を考えるとそれなりに高い利回りの優待でした。

また、業績回復に伴って再開となる日を期待したいものですね。

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。
shousanshouuo