ショウサンショウウオの投資部屋

ブログ初心者ですが、少しずつ記事を積み重ねて皆様のお役に立てる情報を提供できればと思っています。

ハニーズHD(2792) 2023年5月期1Q決算発表【売上高 +12.4%、営業利益 +110.7%、純利益 +124.8%と好調】

目次

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
女性向けアパレル企業の株式会社ハニーズホールディングス(2792)をご存じでしょうか?
ショッピングセンターや総合スーパー店舗にテナントとして入居していることが多い「Honeys」という店舗を運営している企業です。
shousanshouuoは、株式会社ハニーズホールディングス(2792)の末席株主です。

今回は「ハニーズHD(2792) 2023年5月期1Q決算発表【売上高 +12.4%、営業利益 +110.7%、純利益 +124.8%と好調】」についての記事です。

 

まとめ


www.youtube.com

株式会社ハニーズホールディングス(2792)は、東京証券取引所プライム市場へ上場している、福島の企業です。

ミャンマーに自社工場を保有し、全国866店舗(2022/8/31現在)
高品質な商品をリーズナブルな価格で提供すべく努力しています。

ショッピングセンター等でよく目にする同社の店舗は立ち寄りやすいデザインで、
比較的幅広い世代のお客さんがいるのが特徴的だと個人的には思っています。

昨日、同社の2023年5月期1Q決算がリリースされており

【売上高 +12.4%、営業利益 +110.7%、経常利益 +123.6%、純利益 +124.8%】

と好調な結果でした。

今のところ業績も財務内容も安定していますし、
優待券も家族に使ってもらえますので、
引き続き末席株主として同社を応援していきたいと思っています。

株式会社ハニーズホールディングス(2792)とは


www.youtube.com

東京証券取引所プライム市場へ上場している、福島の企業です。

同社はミャンマーに工場を保有しており、ミャンマーでの生産比率が40%を超えています。
一時、同国の政情が不安定になった際にはどうなるものかと心配もしましたが問題なく事業を継続出来ていました。
なお、現在はミャンマー第三工場建設に向けた準備をしている様です。

同社は、全国に866店舗を展開(2022/8/31現在)しているため
ショッピングセンター等でも身近に目にするイメージです。
現在はガンガン出店する方針から、
既存店の好立地への移転や増床を積極的に実施
することで売上の底上げを図るという方針になっている様です。

商品はプチプライスでもあり、比較的親しみやすいのではないでしょうか。

店舗は立ち寄りやすいデザインで、キャラクターとのコラボ商品等が平積みになり、比較的幅広い世代のお客さんがいるのが特徴的だと個人的には思っています。

同社は、1985年よりSPA(Speciality store retailer of Private label Apparel:自社企画・製造・販売)システムを取り入れており、業界最速の約40日で新商品が店頭に並ぶという強味を有しています。

同社の歴史

1978年 婦人服(ヤングカジュアル衣料中心)販売を目的に「有限会社エジリ」を設立。
いわき市小名浜に本店を開業。
1983年 本格的な多店舗展開を開始。
1985年 企画製造部門の「株式会社ハニークラブ」を設立。
1986年 首都圏進出を開始。「株式会社ハニーズ」へ組織を変更。
1991年 海外生産をスタート。
1992年 100店舗を達成。
1993年 北海道・沖縄へも出店。
2001年 中国生産へシフト。
2003年 200店舗を達成。JASDAQ市場へ株式上場を果たす。
2004年 300店舗を達成し、全都道府県に出店を完了。合わせて物流センター設置。
2005年 400店舗を達成。
2006年 同年中に600店舗を達成。上海市に子会社を設立。
2007年 700店舗を達成。
2008年 800店舗を達成。「株式会社アナザーノーツ他2社」を吸収合併。
2009年 1,000店舗を達成。
2012年 ミャンマーに子会社を設立し、ミャンマー第一工場稼働。
2013年 障がい者雇用促進を目的とした特例子会社「株式会社ハニーズハートフルサポート」を設立。
2015年 ミャンマー第二工場稼働。
2016年 「株式会社ハニークラブ」を生産。
2017年 「株式会社ハニーズホールディングス」として、持株会社体制に移行。
2019年 上海子会社を清算し、中国小売事業から撤退。

株式会社ハニーズホールディングス(2792)の2023年5月期1Q決算

昨日、同社からは2023年5月期の第一四半期決算がリリースされていました。早速、数値を確認しておきましょう。

売上高                                            118.06億円 (前年同期比 +12.4%)
営業利益                                             9.67億円 (前年同期比 +110.7%)
経常利益                                           10.60億円 (前年同期比 +123.6%)
親会社株主に帰属する四半期純利益 6.87億円 (前年同期比 +124.8%)

となっていました。
増収増益という嬉しい結果ですね。

営業利益率は8.20%と高い数値となっています。
そして1Q末時点での自己資本比率は82.3%と、前期よりも1.2%アップしています。

株式会社ハニーズホールディングス(2792)のセグメント別業績

同社は、現在日本のみで事業を展開しており、その他のセグメントの割合も僅少とのことで開示はありませんでした。

株式会社ハニーズホールディングス(2792)の業績予想・進捗率

同社の通期業績予想と、1Q末時点での進捗率は以下の様になっています。

売上高                                           505.00億円 (前年同期比 +5.9%、進捗率 23.38%)
営業利益                                         55.00億円 (前年同期比 +10.2%、進捗率 17.58%)
経常利益                                         55.00億円 (前年同期比 +8.8%、進捗率 19.27%)
親会社株主に帰属する当期純利益 35.00億円 (前年同期比 +7.5%、進捗率 19.63%)

同社の業績予想では、ここから残りの三四半期は現在以上のペースで売上、利益ともに確保できることを予想している様です。

アパレル業界は、百貨店ブランド等も含めて少しずつ復調の兆しが見えていますので、これまで外出を控えて服飾への出費が抑えられていた分の蓄積も含めて消費が拡大することを期待したいですね。

株式会社ハニーズホールディングス(2792)の配当利回り

同社の配当予想では、中間配当20円、期末配当20円で合計40円/株となっています。
同社株式の昨日終値は1,266円でしたので、

予想配当利回り=40/1,266≒3.16%

という事になりますね。

これは、配当利回りとしては比較的高い方だと思います。
後述する様に、同社は株主優待制度も導入していますので、
優待も活用できる場合はさらにお得感が増すという非常にありがたい銘柄です。

株式会社ハニーズホールディングス(2792)の株主優待

同社は、5月末日の株主を対象として株主優待制度を導入しています。
ただし、注意が必要なのは

継続保有1年以上

が求められる様になったということです。
つまり、来年の優待をゲットしようと思った場合には今年5月末の時点で株主である必要がある上に、貸株に出したり、途中で売却してはダメということです。

つまり、今から株主になっても来年5月末権利の優待は頂けない、ということになりますね。

なかなか優待をもらうまで時間がかかる様になってしまったのですが、その分優待内容は充実しています。
優待品は、自社商品引換券

100~299株 3,000円分 (500円券×6枚)
300~499株 5,000円分 (500円券×10枚)
500~999株 7,000円分 (500円券×14枚)
1,000株~    10,000円分 (500円券×20枚)

が頂けることになります。

仮に100株を1年以上保有した場合

予想配当+優待利回り=40+30/1,266≒5.53%

という計算になります。

なお、実際に届いた優待券の券面は当ブログの以下の記事で紹介しています。
宜しければそちらもご参照下さい。

 

shousanshouuo.hatenablog.com

 

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。
shousanshouuo