ショウサンショウウオの投資部屋

ブログ初心者ですが、少しずつ記事を積み重ねて皆様のお役に立てる情報を提供できればと思っています。

ポラリスHD(3010) フィリピンの「Red Planet」グループ買収を発表【13棟、2,208室取得へ】

目次

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

ポラリス・ホールディングス株式会社(3010)という企業をご存知でしょうか?
同社は、日本国内でホテルの運営を主に行っている企業です。
shousanshouuoは、ポラリス・ホールディングス株式会社(3010)の末席株主です。

今回はポラリスHD(3010) フィリピンの「Red Planet」グループ買収を発表【13棟、2,208室取得へ】」についての記事です。

 

まとめ

ポラリス・ホールディングス株式会社(3010)は、

東京証券取引所スタンダード市場に上場している東京の企業です。
現在は、ベストウェスタンホテルバリュー・ザ・ホテル、衣浦グランドホテル、KOKO HOTELの運営を行っている企業です。

昨日、同社からフィリピンの宿泊特化型ホテル運営企業グループの株式取得(子会社化)に関するお知らせがありました。

13棟、2,208室のホテルを9.92億円で取得するという内容でした。

先日の新株予約権行使で得られた資金とちょうど同じぐらいの金額ですね~。

そういう意図だったのか。
と感じました。

計算上は、買収するグループのホテルは1室あたりの売上が2,200円/日ぐらいに相当しそうですので、売上高としてはそれなりに期待できそうです。

今後も、末席株主として同社を応援していきたいと思っています。

ポラリス・ホールディングス株式会社(3010)とは


www.youtube.com

東京証券取引所スタンダード市場に上場している東京の企業です。
現在は、

  • ベストウェスタンホテル 国内14ホテル
    (うち11ホテルは直営)
  • バリュー・ザ・ホテル 国内5ホテル
  • 衣浦グランドホテル
  • KOKO HOTELS 国内15ホテル
    (休館中、新型コロナウィルス宿泊療養施設含む)

の運営を行っています。

同社の歴史等に関しては、当ブログの以下の記事に記載しています。
宜しければそちらもご参照下さい。

 

shousanshouuo.hatenablog.com

 

フィリピン共和国の大手宿泊特化型ホテル保有運営企業グループの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ


www.youtube.com

昨日、同社からフィリピンの宿泊特化型ホテル運営企業グループの株式取得(子会社化)に関するお知らせがありました。

「Red Planet」ブランドで運営されている13棟、2,208室のホテルを手数料込で9.92億円で取得するという内容でした。

先日の新株予約権行使で得られた資金とちょうど同じぐらいの金額です。

この買収が完了すると、同社グループの運営するホテル数は44棟、7,890室となるとの事ですね。

また、買収対象となる企業グループのホテル建物・土地の純資産額は債務免除後に44.54億円であるとの事で、今回の買収額は非常に割安になるという事が強調されています。

被買収企業グループの連結売上高ですが、足元での業績として今年に入ってからの3か月の売上は1.83億フィリピンペソとの事ですね。
とすると、203.3万フィリピンペソ/日の売上となりそうです。
全室稼働可能であると仮定して、1部屋当たりにすると920.9フィリピンペソ/日の売上という事になります。

1フィリピンペソは2.46円程度みたいなので、1部屋当たりの売上は2,265.40円/日となりそうですね。

実際に稼働可能な室数はもう少し少ないかもしれないですし、フィリピンでのホテル相場はよくわからないのですが、RevPAR 2,265.40円なら、そんなに悪くないのでは?

ポラリス・ホールディングス株式会社(3010)の決算

2022/5/13に同社の2022年3月期決算が発表されていましたので、内容を確認しておきましょう。

売上高              37.12億円 (前年同期比 +24.9%)
営業利益            -13.32億円 (前年同期は -16.27億円)
経常利益            -16.23億円 (前年同期は -16.85億円)
親会社株主に帰属する当期純利益 -18.30億円 (前年同期は -21.01億円)

となっていました。
増収ながらも赤字が継続しています・・・。
営業利益率は-35.89%です。
そして期末時点での自己資本比率は1.5%で、前期の-15.8%からは回復しています。

ポラリス・ホールディングス株式会社(3010)のセグメント別業績

同社の報告セグメントとしては、

  • ホテル事業
  • 不動産事業

の2事業が記載されていました。
それぞれの数値を確認しておきましょう。

ホテル事業

売上高                 36.72億円 (前年同期比 +29.5%)
セグメント利益 -10.70億円 (前年同期は -13.85億円)
セグメント利益率  -29.15% (前年同期比 +19.69%)

前期には、KOKO HOTELの新店2店舗のオープンがあった事等もあり増収となっています。
なお、赤字が続いてはいるものの赤字幅は縮小している状態です。

今期オープンとなるKOKO HOTEL Premierの6店舗がどれだけ収益に影響してくるか、慎重にフォローしたいと思います。

不動産事業

売上高                  2.30億円 (前年同期比 +70.8%)
セグメント利益    0.27億円 (前年同期比 +128.6%)
セグメント利益率   11.72% (前年同期比 +2.96%)

不動産賃貸売上が伸びたためか、増収増益となっています。
とはいえ、売上高の規模を考慮するとホテル事業の赤字をカバーするには至っていませんね。

ポラリス・ホールディングス株式会社(3010)の業績予想

同社の通期業績予想ですが、新型コロナウィルス感染症の影響を合理的に予測する事が困難であるため、業績予想開示は見送りとなっています。

また、リリースされた場合には当ブログで記事にしたいと思います。

ポラリス・ホールディングス株式会社(3010)の配当利回り

同社の配当予想は、残念ながらゼロ円/株となっています。
業績が回復したら復配を期待したいところですが、
利益剰余金が1.67億円のマイナスという状況
(前年度末はマイナス38億円でしたが、その後の株主総会で36億円を資本剰余金等から振り替えているため)ですので、まだ先は長そうです・・・。

ポラリス・ホールディングス株式会社(3010)の株主優待

同社は株主優待制度を導入しています。
かつては、ドミノ・ピザの半額券を配っていた事もありましたが、
現在は株主優待ポイントを贈呈して、株主がポイントの範囲内で色々なものを選ぶシステムになっています。

9月末の時点で3,000株以上保有すると、株主優待制度の対象となっています。
仮に3,000株を保有した場合には、3,000ポイントとなっています。
1ポイント1円相当として換算すると、昨日の同社株式終値は95円でしたので、

予想配当+優待利回り=3,000+0/3,000*95≒1.05%

という計算になりそうです。
利回りは決して高くないみたいです。個人の意見としては、
優待狙いでわざわざここの株を買わなくても・・・という感はありますね。

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。
shousanshouuo