ショウサンショウウオの投資部屋

ブログ初心者ですが、少しずつ記事を積み重ねて皆様のお役に立てる情報を提供できればと思っています。

今週届いた株主優待 ~千趣会(8165)、隠れ優待 テイツー(7610)、隠れ優待 中道リース(8594)~

目次

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
今週も株主優待が届きましたので、その紹介です。
 今回は「今週届いた株主優待 ~千趣会(8165)、隠れ優待テイツー(7610)、隠れ優待中道リース(8594)~」についての記事です。

 

株式会社千趣会(8165) ~ベルメゾンお買物券2,000円分~

f:id:shousanshouuo:20220326102835j:plain

信販売のベルメゾンで利用できるお買物券です。
同社の優待は年間2回実施されており、12月末時点の株主には継続保有で増額される仕組みになっています。
shousanshouuoの場合は長期保有によって増額されている分が1,000円分あるため、合計で2,000円分のお買物券を頂きました。
ベルメゾンディズニーグッズの通販を手掛けている事もあり、ディズニー好きの家族がいる場合には喜ばれると思います。

継続保有をしなくても、年間2回にわたって1,000円分のお買物券がいただけます。
昨日の同社株価の終値は387円でしたので、仮に100株を保有した場合

予想優待利回り=20/387≒5.17%

という高い優待利回りになります。
継続保有で増額になると、さらに高い利回りとなってしまいますね。
また、配当に関しても中間3円、期末4円で合計7円/株が予想されていますので、

予想配当+優待利回り=7+20/387≒6.98%

となります。
もちろん投資は自己責任なのですが、ベルメゾンでのお買物を利用した事がある、もしくはちょっと興味があるなという方へはおすすめです。

 

株式会社テイツー(8165) ~隠れ優待 QUOカード500円分~

f:id:shousanshouuo:20220326102842j:plain

テイツーは「古本市場」等を運営しているメディア系リユースに長けた企業です。
そんな同社からは「議決権行使の御礼」としてQUOカード500円分をいただけました。
元々、同社の株主優待は1,000株以上の保有で頂けるものだけですので

隠れ優待

と言えそうです。
同社株式の昨日終値は86円でしたので、仮に100株を保有した場合

隠れ優待利回り=5/86≒5.81%

という計算になります。
今回のものは臨時株主総会に伴うものでしたので、定時株主総会では隠れ優待はないのかもしれませんが、ありがたい限りです。
同社は2022年2月期決算からの復配を予定していますので、仮に100株を保有していた場合

予想配当+隠れ優待利回り=1+5/86≒6.98%

という数値になります。
しかも、隠れ優待品はQUOカードですので使い勝手も良いです。

 

なお、同社の業績や企業情報に関しては、以前に記事で取り上げていましたので興味のある方はそちらも参照頂けると幸いです。

shousanshouuo.hatenablog.com

 

株式会社中道リース(8165) ~隠れ優待 図書カード500円分~

f:id:shousanshouuo:20220326102847j:plain

f:id:shousanshouuo:20220326102854j:plain


同社の権利は初取得でしたが、事業報告書に同封されていたのが上に示した特注デザインの図書カードです。

50周年という事で同封してくれたのかな?
とも思ったのですが、


事業報告書内の株主アンケート結果には「毎年、図書カードが贈呈されているのでは??」と思わせる様なコメントがありました。

ただ、同社のホームページを見ても四季報を見ても株主優待を実施しているとの明記はありませんでした。
もしかすると、知る人ぞ知る隠れ優待なのかもしれません。
同社株式の昨日終値は435円でしたので、仮に100株を保有した場合

隠れ優待利回り=5/435≒1.15%

という計算になります。
ただし、同社は配当も実施しており2022年12月期には期末で7円の配当を予定していますから、

予想配当+隠れ優待利回り=7+5/435≒2.76%

という計算になりそうです。
札幌証券取引所への単独上場であり、流動性が低いというのが難点ですが逆に株主数が少ない分、何か材料があれば需給バランスが大きく崩れて値上がりするんじゃないかという期待もあります。

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。
shousanshouuo