ショウサンショウウオの投資部屋

ブログ初心者ですが、少しずつ記事を積み重ねて皆様のお役に立てる情報を提供できればと思っています。

株式会社チヨダ(8185) 2Q決算と自己株式取得について

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
今回は「株式会社チヨダ 2Q決算と自己株式取得」についての記事です。

shousanshouuoは、株式会社チヨダ(8185)の末席株主です。

株式会社チヨダ(8185)とは

株式会社チヨダは、
SHOE・PLAZA
東京靴流通センター
Chiyoda
等の靴の小売店を運営している企業です。
同社の立地はロードサイド型の店舗が64%を占めている様です。
確かに競合であるABC-MARTと比較すると、どうしてもロードサイド型店舗が多いイメージがありますね。
10年前には、店舗数は1,099店舗だったのですが、現在は976店舗まで減少しています。
客単価は、
東京靴流通センター 3,500円
SHOE・PLAZA 4,274円
Chiyoda 4,274円
だそうです。
東京靴流通センターは、安売りのイメージがあるので概ねshousanshouuoのイメージ通りの様です。

チヨダの店舗では、一般的なメーカーの靴(ナショナルブランド)ももちろんおいてあるのですが、プライベートブランド(PB)である
セダークレスト
ハイドロテック
バイオフィッター
というブランドラインを有しています。
紳士靴の売上構成が約25%と、ABC-MARTと比較すると高くなっているそうです。
そのためにコロナによるテレワークで紳士靴が売れなくなった事は同社にとって痛手となったのですね。

PBというと、7&iホールディングスやイオン、ファミリーマート、ローソン等の小売店舗にあるものをイメージしやすいかもしれません。
商品の企画から製造・販売までを完全に自社のチェーンのみで行うものがPBであり、その利点としては、利益率を高くしながらも高品質の商品を消費者へ安く提供できる、という点があります。
売店舗でよくみるPB商品も、オリジナルのメーカーものと比較すると若干安くなっているものが多い(セブンプレミアム等は別かもしれませんが)のではないでしょうか。

同社では、機能にこだわった商品の開発を行った事に加え、PB商品の価格改定を行い、お買い得感のある値段を追求する、という施策を行った様です。

株式会社チヨダ(8185)の業績

靴事業の上半期業績ですが、

売上高 358.39億円 (前年度比 -7.3%)
営業損失 11.74億円 (前年度は営業損失 8.54億円)

と、前年度よりも減収減益という結果でした。
上半期で店舗数は15店舗減少して976店舗となっています。

商品の管理システム導入によって、陳列作業の簡易化や、店舗における検品作業の削減、スマートフォンでの入荷作業・在庫検索等の業務見直しを推進していた様ですが、売上の減少には歯止めがかからなかった様です。

宣伝施策にも変更を試みており、チラシ広告からデジタル広告への変更やSNSを用いたデジタルマーケティングへも取り組んでいた様ですが、こちらも結果は今一つ・・・というところだったのでしょうか。

同社は、上場子会社である株式会社マックハウスの運営も行っているため、衣料品事業も行っています。そんな、衣料品事業の上半期業績ですが

売上高 87.88億円 (前年度比 -5.0%)
営業損失 4.94億円 (前年度は営業損失 7.44億円)

と、こちらも前年度より減収増益となりました。
衣料品事業に関しては、上半期で13店舗が減少して323店舗となっています。
なお、管理費の削減に努めた事で営業損失が改善を認めたという事の様です。
ちなみに、マックハウスの客単価は3,683円となっているそうです。

では、同社の決算短信を見てみましょう。

連結業績で考えると、

売上原価率 53.80% (前年度比 -0.12%)
販管費率 49.94% (前年度比 +0.53%)
営業利益率 -3.73% (前年度比 -0.40%)

という結果になります。
本日、マックハウス決算短信も公表されているため、その数値と突き合わせる事で、事業別の原価率等も近似値が計算できそうです。
そうすると、

靴事業
売上原価率 54.60% (前年度比 -0.09%)
販管費率 48.67% (前年度比 +1.16%)
営業利益率 -3.27% (前年度比 -1.06%)

衣料品事業
売上原価率 50.51% (前年度比 -0.20%)
販管費率 55.11% (前年度比 -2.23%)
営業利益率 -5.62% (前年度比 +2.42%)

という結果になります。
通期の連結業績予想では、

売上高 884.00億円 (2Qでの進捗率 50.48%)
営業利益 -31.50億円 (2Qでの進捗率 52.85%)
経常利益 -27.30億円 (2Qでの進捗率 52.64%)
親会社株主に帰属する当期純利益 -28.00億円 (2Qでの進捗率 90.09%)

となっています。
損失に関しては、進捗率が高くない方がありがたいのですが・・・。
自己資本比率は59.0%と比較的安定していますが、早いところ黒字に転じていただきたいものです。

なお、本日同社は 上限5億円の自己株式取得を合わせてリリースしています。
業績が改善しない事で手放してしまう投資家を抑え込む目的なのでしょうか。

株式会社チヨダ(8185)の株主優待

ちなみに同社の株主優待は、
2割引株主優待券を一律5枚進呈となっています。
割引商品等にも利用可能との事ですので、8月末の権利取得分が届く来月以降に、冬用のブーツでも購入しようと思います。

なお、同社の株主優待券の券面等は以下のブログ記事に記載していますので、もしよろしければそちらもご参照下さい。

 

shousanshouuo.hatenablog.com

 

shousanshouuoのブログをご覧頂き、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

shousanshouuo