ショウサンショウウオの投資部屋

ブログ初心者ですが、少しずつ記事を積み重ねて皆様のお役に立てる情報を提供できればと思っています。

毎日コムネット 1Q決算について

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

今回は「毎日コムネット 1Q決算」についての記事です。

shousanshouuoは、毎日コムネットという企業の末席株主になっています。
毎日コムネットという会社は、学生向けの賃貸アパート、食事付学生マンション等の運営を主に行っている企業です。


www.youtube.com


会社の沿革を確認すると、当初は毎日ツーリストという会社名だった様ですね。
現在は、学生マンションの運営に加えて、自動車教習所への生徒あっせん事業や、グリーン電力事業等を行っているみたいですね。

学生マンション・学生寮に関しては、
全国主要10都市(札幌、仙台、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、愛媛、福岡)に絞って開発、紹介を行っています。
「○○ひとり暮らしガイド」という下宿情報誌を手に取ったことがある方もおられるかもしれません。

また、ネットでのお部屋探しにも強みを有しており、地方から首都圏の大学へ進学するお子さんをお持ちのご家庭をターゲットとして、来店不要のお部屋探しや契約完了といったサービスを提供しています。

同社では、
合格発表前予約
という、合格発表前の契約予約システムもあるみたいです。
確かに、合格発表後の2-3月頃からの部屋探しだと良い物件が埋まってしまう可能性は高いですし、予め部屋探しをしておく事で大学合格へのモチベーションが高まりそうです。
また、入居者を学生に限定して入居者の卒業年度を把握する事で退去予定を確実に予測する事はなかなか他社にはマネが難しいノウハウではないかと思います。

なお、同社は
16年連続で自社管理物件の4月入居率100%を達成している
という驚くべき実績を持っています。

自社運営の食事付き学生マンション「カレッジコート」は、
食事付、家具・家電付き、管理人夫婦住み込み
の学生マンションであり、入居者を学生に特化した点や土曜日も食事を提供する、という点等が特徴である様ですね。


www.youtube.com


入居者を学生に絞るという事で、他社の不要資産であった社員寮を学生寮に転用したケースや、店舗との複合開発も行ってきています。
そんな積み重ねが功を奏して、大学との連携による学生寮の開発にも成功しています。留学生を受け入れる「国際学生寮としての開発事例もあります。

また、PFI事業として東京藝術大学学生寮の運営事業」も行っています。
国立大学の学生寮運営事業者に選ばれるには、実績だけでなく提案力も求められたと思いますし、それが東京藝術大学という事であれば、なおさらアイデアを出すにも苦労されたのではないでしょうか。
実際、住居スペースだけではなく、音楽練習室やアトリエ、防音タイプの部屋等も寮内に準備されている様です。
shousanshouuoには縁遠い世界ですが、イメージするだけで面白そうな物件です。
今後、他の国立大学の学生寮運営事業等にも手を挙げるチャンスがある事を期待したいです。

なお、同社では入居者の多くが対象となりうる
新卒採用ソリューション事業も展開しています。
自社運営の学生マンションに広告を展開しやすい事や、広告効果が高い事によって合同説明会等への集客力を期待できそうですね。

 

では、同社の1Q決算短信の内容を確認してみましょう。

売上高               42.42億円 (昨年度 +2.1%)
営業利益             3.24億円 (昨年度 +82.5%)
経常利益             3.08億円 (昨年度 +104.6%)
親会社株主に帰属する四半期純利益 2.11億円 (昨年度 +108.3%)

という結果です。
昨年度よりも全体的に増収増益という結果で、ありがたい限りです。


通期連結業績予想としては、
売上高              181.00億円 (1Qでの進捗率 23.57%)
営業利益            16.23億円 (1Qでの進捗率 19.96%)
経常利益            15.50億円 (1Qでの進捗率 19.87%)
親会社株主に帰属する当期純利益 10.30億円 (1Qでの進捗率 20.49%)

となっており、進捗率は少し低めに見えますが、
販売用不動産の売却があれば数値は大きく変動する事に加えて、同社の事業の内容を考慮すると4Qに含まれる3-4月に不動産事業の、2-3月に人材ソリューション事業の売上高がそれぞれ最大になると期待される事から、1Q決算の結果としてはまずまずではないかと考えます。

また、2019年、2021年は同社が業績予想の上方修正を発表していた事もあり、同社の業績予想は比較的保守的な傾向であるため、shousanshouuoは、通期業績の上振れについても期待をしています。
また、過去に同社は株式分割や増配の発表をしている事もあり、株主数を増やしたいという意欲も十分に感じられ、今後も嬉しいサプライズに期待したいところです。
引き続き、末席株主として同社を応援していこうと思います。

 

なお、同社は株主優待制度を導入しています。
実際に届いた案内等は、当ブログの以下の記事で紹介しています。
宜しければそちらもご参照下さい。

 

shousanshouuo.hatenablog.com

 

 

shousanshouuoのブログをご覧頂き、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

shousanshouuo